【 Collar×Malice(カラーマリス)】本編&FD 感想・レビュー

乙女ゲーム

こんにちは。銀のイルカです(^^)/

2020年3月12日に本編とファンディスクが1本になった『Collar×Malice for Nintendo Switch』の感想を紹介していきます。

未プレイの方でも読めるよう、大きなネタバレはしておりませんので、ゲームご購入の参考になれば幸いです!

あらすじ

連続凶悪事件、通称・X-Day事件が起き、危険な街になってしまった新宿区で新人警察官として働く主人公。

地域のために奔走していた主人公だったが、ある夜、何者かに襲われ、毒が内蔵された首輪をはめられてしまう。

混乱する主人公の目の前に現れたのは、素性の怪しい男性たちだった。

警察組織に所属していた経験のある彼らは、独自で凶悪事件を捜査しているのだという。

突如、大事件の鍵を握ることとなってしまった主人公は、首輪を外すため、そして新宿区を再生させるために彼らと捜査を開始することになるが…。

Collar×Malice – Wikipedia


PS Vita「Collar×Malice」 オープニングムービー

本編感想

ずばり攻略キャラ全員が20歳以上ということもあり、大人との恋愛が楽しめる乙女ゲームです!

そんな働く大人たちが連続凶悪事件を捜査していくんですが、個別ルートに入ってからは攻略対象キャラと2人でタッグを組んで事件の追っていきます。

・少しずつ明らかになっていく事件の真実

・徐々に攻略キャラとの信頼関係が深まっていく

 

この要素がたまらなく面白いゲームで、年上ベテラン(元)警察官×新米警察官というシチュに興味があるという方にはぜひおすすめです!!!

カラマリはミステリーといえども

×事件の謎を解く

〇事件の謎を追う

といった感じで、最後にコナンが怪しい人を集めて、推理を始めるというタイプではないですね。

限られたバラバラのヒントを組み合わせて事件を紐解いていくという、物語の進行と共に真実が少しずつ明らかになっていくタイプ(‘ω’)ノ

その過程で攻略キャラと信頼関係が築かれていくわけです!

f:id:ginno_iruka:20191127181837p:plain

Collar×Malice for Nintendo Switch

個人的には特に元・警視庁サイバー犯罪対策課で超優秀だった笹塚尊という男がこれまためちゃくちゃ萌えるんですよ!!!

最初は市香のことを「バカ猫」呼ばわりで、冷たいしキツイ言葉をよく言ってくるんです!

それが次第に「ポチ」呼ばわりで(これもどうかと思うけど!)、終盤では「市香」と名前で呼んで、相棒として信頼してくれるようになるんですよー!!!

とにかくトキメキが欲しい人には本当にプレイしてみてほしい!!!

ミステリー、恋愛どちらかに偏りすぎず丁度いいバランスだったので、テンポよく進められて最後まで楽しんでプレイできたゲームでした!

『Collar×Malice-Unlimited-』


PS Vita「Collar×Malice -Unlimited-」 オープニングムービー

f:id:ginno_iruka:20191127182020p:plain

Collar×Malice for Nintendo Switch

本編の後日談は、とにかくこれでもかというくらい甘い!!!!!

角砂糖100個食べてるような気分になります!

ですので、糖度が高い乙女ゲームがプレイされたい方にはイチオシです!

▼カラマリの画集はこちらから

そして後日談とは全く別物の本編バッドエンド後、市香が復讐のためにアドニスの一員となったアドニスルートというものがありまして。

アドニスルートあらすじ

「私に残された希望は……たったひとつだけ」

新米警察官の主人公・星野市香がX-Day事件を追っている最中に起きた、ある“惨劇の日”から2年――。

テロ組織アドニスは警察の目から逃れ、水面下で再び計画を推し進めていた。
2年前のX-Day事件の際に“執行者”として利用した彼らを正式な構成員として招き入れたことにより戦力も増え、教祖・ゼロが主導する“X-Day計画”は再始動に向けて着実に進んでいく。

同じ2年前に“ある目的”のため、アドニス構成員として加入した星野市香は、ゼロの部下として組織に身を捧げ働いていた。

X-Day計画の再始動まで【あと30日】に迫った日。
ゼロから呼び出された主人公は密命を受ける。

それは――ユダ探し。
X-Day計画が目前に迫った今、2年前に加入した“執行者”が裏切るタイミングだと踏んだゼロは、彼女に彼らを探るように命じた。
罪悪を抱える者、野望を抱く者、悪の道に誘った組織を憎む者――
様々な思惑がうずまく執行者たちの中に裏切り者(ユダ)がいるはずだ、と。

最も疑わしいはずの自分になぜそのような任務を命じるのか。
ゼロの真意を疑いながらも、彼女は静かに動きだす。
これもまた、自身の目的を果たすための布石と信じて――

Collar×Malice -Unlimited-|ストーリー

このアドニスルート、めちゃくちゃ好みで私的には、これをやるためにUnlimited買ったんだと思えるぐらい心に響きました!!!

アドニスルートの軸ともいえるのが、連続凶悪事件”X-Day事件”のリーダーであるゼロのことが詳しく掘り下げられている点ですね!

彼はこれまで自分が何者なのか分からなくて、それが1番怖かった。

誰でも表と裏の顔を使い分けているけど、本当は表も裏も同じで、自分のことなんて大概みんな分かっていない。

だからこそ黒幕は、誰かに認めてほしいし、見つけてほしかった。

そんなゼロが、ヒロインの市香に明確な殺意を向けられて、ようやく満たされるという特殊な作りなんですが、この歪んだ心理描写も丁寧に拾い上げるライターさんの手腕が素晴らしい! 

連続殺人事件の黒幕が求めていたものをやっと手にして全ての終わりを迎えるという演出が、まるで映画を観ているようで圧倒されましたね!

ほんと、これが本編でいいんじゃないの!?

と思える素晴らしさ!!!

もうそれぐらいにアドニスルートの結末が好みだったんです!

素晴らしかった!

カラマリは本編・ファンディスク共に充実の内容で、Amazonレビューも☆4.5以上と非常に高く、ファンの多い作品となっております!

Nintendo Switchへの移植化を機に、少しでもカラマリに興味持ってくれる人が出てきてくれたら嬉しいですね!

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました