劇場版 鬼滅の刃 無限列車編【感想】

アニメ

こんにちは!無限列車編が楽しみすぎて公開初日に有給とって映画館に向かった銀のイルカです!

2020年に見た映画の中でも間違いなくNo.1の作品でした!

最初から最後まで最高な無限列車編でしたが、この記事では中でも印象的だったシーンの感想を書いていきます!

スポンサーリンク

目にも止まらぬ圧倒的スピード感のバトルシーンは必見!

TVアニメの時からめっちゃくちゃかっこいい剣技でしたが、映画の迫力は更にパワーアップしていてもうすげえええええ!!!!!と興奮しっぱなしでした!!!

キレとスピード感がとにかくかっこいい!

鬼滅アニメを制作してるufotableさんは以前、活劇 刀剣乱舞を制作されていることもあって刀でのバトルシーンの見せ方を熟知されていて、剣技の美しさがずば抜けてすばらしい!

最初から最後まで激闘が続いて、興奮が冷める暇がないくらい派手なバトルが続いて最っっっ高でした!!!!!

血飛沫が飛び散るシーンが容赦ない

炭治郎が夢から覚めるたびに何度も首を斬るシーンで、そのたびに大量の血が飛び散った場面が出てくるのが衝撃でした(;゚Д゚)

自分の首を幾度となく切裂く惨さが見てる側をうわああああ…と思わせるほどの強烈さでPG12(中学生以上指定)の映画なのも納得のインパクト。

遠慮のえの字もない血飛沫だったわ(;゚Д゚)

けどこの凄惨なシーンを思いっきりやってくれるところが好き!!!!!

映画規模で描かれる鬼の不気味さのインパクトが強すぎる

下弦の壱 魘夢が列車と同化した後、列車が人肉や臓器のような形態に変化して、不気味な生き物としてぬるぬると動くのには、これぞufotableさんの技術をもってして出ないと出来ないクオリティだと興奮しっぱなしでした!!!

これだけの凄惨さと対比して、炭治郎の精神世界での、一面の青空が続く静かで暖かな情景があそこまで美しく描かれるなんてもうホントにすごい!!!

クオリティがあまりにも高すぎる(*´Д`)

あれだけ苦戦した後でラストシーンに上弦の参,猗窩座が出てきたときは、お前なんでここにいるんだよ!!!っておもたわ\(^o^)/

それとよくよく声聞いてみると石田彰さんのお声!!!

これだけ炭治郎たちが疲弊した後で出てくる敵にしては強敵すぎやしませんかね!?

そしてここからの煉獄VS.猗窩座のバトルシーンはただただ圧巻だった…!

伊之助が「助けに入ろうにも足手まといにしかならないのがわかるから、助太刀に入れねえ」って言っていたけど、漫画以上に映画ではスピード感がガンガン伝わってくるから伊之助の言葉により重みが増すというか、すごく納得できる。

激戦の末、猗窩座が太陽から逃げて煉獄さんがゆっくりと命を落としていくシーンにはもう涙せざるを得なかった(´;ω;`)

こんなに泣くとは思わなかった…マスクびちょびちょだよほんと!!!

まとめ

初日の興行収入10億円突破という異例の人気っぷりを誇る、鬼滅の刃 無限列車編でしたが、どこもかしこもクオリティが高すぎて非の打ちどころがない最高傑作でした!

間違いなく2020年度No.1の作品でしたし、100点満点中100点でおすすめ度も☆5つ!!!

これは観て絶対後悔しない作品なので、まだ観てない方には是非観て頂きたいです!!!

私ももう1回観に行きたいな~!!!!!

それでは!

▼鬼滅の刃 無限列車編のノベライズが発売されているので鬼滅ファンで気になる方はぜひ(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました